天気予報を見る
 
新聞購読申込

小保方氏処分、午後発表へ/理化学研究所

2015/02/10 11:38

 小保方晴子氏
 小保方晴子氏

 STAP細胞論文問題をめぐり、山口俊一科学技術担当相は10日の閣議後会見で「午後に理化学研究所懲戒委員会の審査結果が発表される」と明らかにした。論文で不正を認定された小保方晴子氏(31)の処分が決まるとみられる。

 小保方氏は既に退職しており、実質的に処分はできないが、特定の処分に相当するとの結論を出す見込み。処分には減給、出勤停止、諭旨退職、懲戒解雇などがあるが、重い処分が予想される。

 理研は昨年4月、STAP論文に捏造と改ざんの不正があったと発表。さらに昨年末にSTAP細胞は、既存の万能細胞の胚性幹細胞(ES細胞)が混入したものとほぼ断定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.