天気予報を見る
 
新聞購読申込

花咲かホルモン捉えた/芽守る働きも、奈良先端大

2015/02/10 07:12

 「フロリゲン」が茎の先端(白線で囲われた部分)に広がる様子を捉えた画像(辻寛之奈良先端大助教提供)
 「フロリゲン」が茎の先端(白線で囲われた部分)に広がる様子を捉えた画像(辻寛之奈良先端大助教提供)

 花を咲かせる働きを持つホルモン「フロリゲン」(花咲かホルモン)が、植物の成長に伴って茎の先端に広がる様子を捉えることに奈良先端科学技術大学院大(奈良県生駒市)のチームが成功し、米科学アカデミー紀要電子版に10日発表した。

 フロリゲンが、他の遺伝子を破壊する遺伝子の働きを抑え、花や芽が育つように守っているとみられることも発見した。

 フロリゲンの産出や分布を操作できれば、花を咲かせたり作物を収穫したりする時期を自在に変えられる可能性があり、チームの辻寛之助教(植物分子遺伝学)は「花を作る仕組みの謎に迫る発見」と話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.