天気予報を見る
 
新聞購読申込

ロケット軟着陸を延期/米ベンチャー、追跡設備トラブル

2015/02/09 09:06

 【ワシントン共同】米宇宙ベンチャーのスペースXは8日、打ち上げたロケットの機体を大西洋上の無人プラットホームに軟着陸させる試験を実施する予定だったが、機体を追跡する設備にトラブルが起きて延期した。

 1月には上空からプラットホームまで機体を誘導できたものの激突して軟着陸に失敗した。次の実施日は未定。

 試験は回収した機体に燃料を注入し、再び打ち上げて低コスト化を図る狙い。米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から米海洋大気局(NOAA)の観測衛星を打ち上げた後、実施する予定だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.