天気予報を見る
 
新聞購読申込

土地買い取り、町が仲介を/中間貯蔵地権者会がシンポ

2015/02/07 20:05

 福島県いわき市で開催された、中間貯蔵施設の課題に関するシンポジウム=7日午後
 福島県いわき市で開催された、中間貯蔵施設の課題に関するシンポジウム=7日午後

 福島県内の除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設予定地、同県双葉、大熊両町の地権者らが7日、同県いわき市でシンポジウムを開いた。専門家は土地の買い取りについて、地権者が国と直接交渉するのではなく、町が間に入って仲介する案を提案した。

 中間貯蔵施設は廃棄物を一時的に置く保管場が3日に着工したが、予定地の大半で地権者との用地交渉が進んでいない。

 シンポは「30年中間貯蔵施設地権者会」が主催。大阪市立大の除本理史教授(環境政策論)や、東京経済大の礒野弥生教授(環境法)、いわき市の弁護士が登壇した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.