天気予報を見る
 
新聞購読申込

2億キロから冥王星を撮影/米探査機、7月には最接近

2015/02/05 12:17

 NASAの無人探査機「ニューホライズンズ」が1月末に撮影した冥王星(下の点)と衛星カロン(上の小さな点)の画像(NASA提供・共同)
 NASAの無人探査機「ニューホライズンズ」が1月末に撮影した冥王星(下の点)と衛星カロン(上の小さな点)の画像(NASA提供・共同)

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は4日、無人探査機「ニューホライズンズ」が1月末に約2億キロの距離から撮影した冥王星の画像を公開した。

 2006年の打ち上げから9年間かけて48億キロ以上を旅してきたニューホライズンズは、今年7月14日に冥王星に最接近する予定。冥王星に探査機が近づいて観測するのは初めてとなる。

 最大の衛星「カロン」とともに搭載カメラがとらえた冥王星の姿はまだぼんやりとした状態。ニューホライズンズは時速約5万キロで飛行しており、NASAは「近づくにつれて多くの鮮明な画像を送ってきてくれるはずだ」と期待している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.