天気予報を見る
 
新聞購読申込

東電、地下水浄化試験/「除去性能は十分」

2014/08/22 21:11

 福島第1原発の汚染水対策として建屋周辺の井戸「サブドレン」などから地下水をくみ上げ、浄化した後に海へ放出する計画で、東京電力は22日、浄化設備の試験結果を発表し「(放射性物質に対する)十分な除去性能を得られた」と強調した。

 東電は、25日の福島県漁業協同組合連合会(県漁連)の会議で、結果について説明し、放出への理解を得たい構えだが、風評被害への懸念から漁業者の反発も予想される。

 東電によると、地下水を浄化設備に通した結果、セシウム134と137のほか、ベータ線を出す放射性物質も、1リットル当たりの濃度は検出限界値未満だったという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.