天気予報を見る
 
新聞購読申込

塩谷町が処分場反対の意見書可決/臨時議会で全会一致

2014/08/05 10:46

 福島第1原発事故の指定廃棄物の処分場建設問題で、候補地の白紙撤回を求める意見書を全会一致で可決する栃木県の塩谷町議会=5日午前
 福島第1原発事故の指定廃棄物の処分場建設問題で、候補地の白紙撤回を求める意見書を全会一致で可決する栃木県の塩谷町議会=5日午前

 東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の処分場建設問題で、栃木県の候補地に選ばれた塩谷町の町議会は5日、臨時議会を開き、候補地の白紙撤回を求める意見書を全会一致で可決した。近く国に提出する。

 意見書では、候補地として国から詳細調査の受け入れを求められた同町上寺島の国有林は「環境省の名水百選である尚仁沢湧水に隣接し、候補地として不適切」と指摘。農業用水の水源のため、米作への影響にも懸念を表明した。

 塩谷町への処分場建設をめぐっては、井上信治環境副大臣が7月30日に同町を訪れ、見形和久町長らに協力を要請していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.