天気予報を見る
 
新聞購読申込

オオタカの希少種解除検討/環境省、生息数回復で

2013/05/15 13:00

 絶滅の恐れがあるとして種の保存法で「国内希少野生動植物種」に指定されているオオタカ
 絶滅の恐れがあるとして種の保存法で「国内希少野生動植物種」に指定されているオオタカ

 環境省の中央環境審議会小委員会は15日、絶滅の恐れがあるとして種の保存法で「国内希少野生動植物種」に指定されているオオタカの生息数が回復したとして、指定を解除するかどうかの検討を始めた。

 オオタカは里山などに営巣し、大規模開発に反対する自然保護運動の象徴となってきた。環境省は、小委員会が年度内にまとめる意見を踏まえて結論を出す予定。

 環境省によると、オオタカは住宅地の造成などで生息数が減り、1984年の民間調査では全国で300〜489羽と推定された。このため、93年の種の保存法施行と同時に希少種に指定された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.