天気予報を見る
 
新聞購読申込

JCO臨界事故から13年/東海村民「安心して住める村に」

2012/09/30 18:41

 臨界事故から13年となり開催された「東海村と原子力の未来を考えるフォーラム」=30日午後、茨城県東海村
 臨界事故から13年となり開催された「東海村と原子力の未来を考えるフォーラム」=30日午後、茨城県東海村

 茨城県東海村の核燃料加工会社ジェー・シー・オー(JCO)で起きた臨界事故から13年となる30日、「東海村と原子力の未来を考えるフォーラム」が村で開かれ、参加した村民からは「安心して住み続けられる村にしたい」との意見が出た。

 約130人が参加。村には日本原子力発電東海第2原発があり、脱原発を訴える村上達也村長は「臨界事故の教訓を後世に残したい。東京電力福島第1原発事故も起き、人類が放射能とどう向き合うかが21世紀の課題だ」とあいさつした。

 討論会では、主婦岡本孝枝さん(42)が「村民自らが考え、新しい村を作り上げなければいけない」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.