天気予報を見る
 
新聞購読申込

宇宙ごみ回避で軌道変更も/星出さんらのステーション

2012/09/27 10:49

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は26日、国際宇宙ステーションにロシアの人工衛星の破片など2個の宇宙ごみが衝突する可能性があるため、ステーションの軌道変更を検討していると発表した。

 高度約400キロを周回するステーションには、星出彰彦さんら3人が長期滞在中だが、NASAは「飛行士の安全性に問題はなく、科学実験など任務を続けている」という。

 衝突の懸念がある宇宙ごみは、ロシアの人工衛星コスモスの破片と、インドが打ち上げたロケットの破片。NASAなどは無人補給機ATVの離脱を延期し、ATVのエンジンで27日にも軌道変更を試みることを検討している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.