天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島原発、鉄骨落下は切断の振動/「燃料破損の可能性低い」

2012/09/24 13:16

 東京電力福島第1原発3号機で使用済み核燃料プールに鉄骨が落下した原因について、東電は24日、別の鉄骨の切断中に振動が伝わり滑り落ちたとする調査結果を発表。

 プールには燃料集合体が566体保管されているが、プールの水の放射性物質や周辺の放射線量を調べたところ変化はなく、燃料が破損している可能性は低いと説明している。

 東電によると、燃料プールには、原子炉建屋の鉄骨などがれきが覆いかぶさっており、22日に撤去するため鉄骨を切断していた際、別の場所の長さ約7メートル、重さ約470キロの鉄骨がプール内に落ちた。クレーンでつり上げようとしたが、つかみ損ねたという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.