天気予報を見る
 
新聞購読申込

速水勉氏が死去/環境配慮型の森林経営導入

2012/09/20 21:27

 死去した速水勉氏(速水林業提供)
 死去した速水勉氏(速水林業提供)

 環境に配慮した森林経営の先駆者として知られる前速水林業代表の速水勉(はやみ・つとむ)氏が19日、心不全のため死去した。93歳。三重県出身。葬儀・告別式は21日午後0時半から紀北町海山区引本浦190の1、吉祥院で。喪主は長男亨(とおる)氏。

 速水林業は18世紀末に創業し、尾鷲ヒノキなどを中心に生産。速水氏が環境配慮型の森林経営を導入した。生態系を保全するため間伐を通じて植生の多様性確保に努めたほか、林業の機械化や雇用条件の改善、欧州の手法を取り入れた林道網整備などに取り組み、持続可能な林業経営の実現に貢献した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.