天気予報を見る
 
新聞購読申込

志賀原発の断層再調査作業を公開/北陸電

2012/09/20 12:57

 北陸電力志賀原発の敷地内で「S―1断層」の再調査をする作業員=20日午前、石川県志賀町
 北陸電力志賀原発の敷地内で「S―1断層」の再調査をする作業員=20日午前、石川県志賀町

 北陸電力は20日、国の専門家会議で「典型的な活断層」との指摘を受け、8月に始めた志賀原発1号機(石川県志賀町)の原子炉建屋直下を走る「S―1断層」の再調査作業を報道陣に公開した。

 再調査では、断層の状態を直接確認するため、原子炉建屋脇に深さ約40メートルの穴を垂直に掘った上で、長さ約50メートルの横穴を掘る。またボーリング調査で原発敷地内の南東―北西方向に延びるS―1断層の全長を確かめ、敷地近くの海や陸の断層もあらためて調べる。

 北陸電は1987〜88年、S―1断層の掘削調査を実施。安全性に影響はないと結論付け、国の原子炉設置許可を得て1号機を建設した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.