天気予報を見る
 
新聞購読申込

木造建築物の耐震性確認/震度6強でも倒壊せず

2012/09/19 19:11

 阪神大震災の揺れを再現した、2階建て木造建築物の耐震実験=19日午後、兵庫県三木市の兵庫耐震工学研究センター
 阪神大震災の揺れを再現した、2階建て木造建築物の耐震実験=19日午後、兵庫県三木市の兵庫耐震工学研究センター

 木造家屋の研究や森林保護に取り組む名古屋市のNPO法人「緑の列島ネットワーク」などは19日、兵庫県三木市の兵庫耐震工学研究センターで、1995年の阪神大震災の揺れを再現し、2階建て木造建築物の耐震実験を行った。

 建物は大きく揺れたが倒壊せず、実験に参加した立命館大の鈴木祥之教授(耐震工学)は「木造建築物の巨大地震に対する安全性が証明された」と話した。

 ネットワークによると、使用したのは金具などで補強せず、建物の基礎となる石に柱を載せて固定しない土壁の木造建築物。同様の建物は寺や戦前までの民家に多く見られるという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.