天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本鳥学会、鳥633種の新目録/学会創立100周年で

2012/09/16 17:40

 日本鳥学会創立100周年を機に刊行された「日本鳥類目録」の第7版
 日本鳥学会創立100周年を機に刊行された「日本鳥類目録」の第7版

 鳥類の研究者でつくる日本鳥学会は16日、創立100周年になるのを機に、日本の鳥類計24目633種の学名や分布、生息状況などをまとめた最新の「日本鳥類目録」を刊行した。

 今回が第7版となる目録には、スズメやツバメからトキやコウノトリのほか、既に絶滅したカンムリツクシガモやオガサワラマシコなど、これまでに日本で確認された鳥の種と亜種が記載されている。

 今年2月、小笠原諸島で生息していることが報告されたオガサワラヒメミズナギドリなど、新たに確認された種や亜種なども多く、記載種は2000年の第6版より91種増えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.