天気予報を見る
 
新聞購読申込

はやぶさ2、14年末打ち上げ/製作は着々進行

2012/09/15 16:56

 小惑星に近づく「はやぶさ2」の想像図(宇宙航空研究開発機構・池下章裕氏提供)
 小惑星に近づく「はやぶさ2」の想像図(宇宙航空研究開発機構・池下章裕氏提供)

 宇宙航空研究開発機構は15日までに、小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げ目標を2014年12月に絞り込んだ。現在はエンジンや観測装置などの製作が着々と進行しており、プロジェクトを率いる吉川真准教授によると、13年初めには機器同士を接続し、最初の動作テストをする予定だ。

 はやぶさ2は、有機物や水を含んだ岩石があるとみられる小惑星「1999JU3」から岩石を採取して持ち帰り、生命の起源解明に役立てる計画。岩石の採取には、爆薬を使って重りを小惑星にぶつけ、表面に直径数メートルのクレーターを作る史上初の方式も試みる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.