天気予報を見る
 
新聞購読申込

超新星爆発の放射線解明/名古屋大大学院

2012/09/14 20:28

 名古屋大大学院理学研究科は14日、質量の大きな恒星が一生を終えるときに大爆発(超新星爆発)を起こした後、残骸から放射されるエックス線の強さが、宇宙に漂う「星間ガス」の濃度に影響されることを突き止めたと発表した。

 爆風と星間ガスの衝突でエックス線の強度が増すことが分かり、「超新星爆発は宇宙で最もエネルギーが大きい現象の一つ。この爆発と関連があるとされる太陽系誕生などへの理解が進むと期待できる」としている。

 超新星爆発の後、残骸から放射されるエックス線の分布がどのように形成されるか、これまで分かっていなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.