天気予報を見る
 
新聞購読申込

外来種対策や海の保全強化/生物多様性で新戦略

2012/09/13 18:38

 環境省の中央環境審議会は13日、生物多様性を守るため、重点的に駆除に取り組む外来種のリストアップや、海の保全区域拡大など48の行動目標を盛り込んだ2020年度までの新たな生物多様性国家戦略案をまとめた。

 今月中に閣議決定し、10月にインドで開かれる生物多様性条約第11回締約国会議(COP11)で報告する。

 行動目標は、10年に名古屋市で開かれたCOP10で採択された国際的な保全目標「愛知ターゲット」の国内対策版。

 14年までに脅威の大きな外来種を網羅する「外来種ブラックリスト」(仮称)を作成し、駆除の優先度や方法を検討して被害防止の行動計画をつくる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.