天気予報を見る
 
新聞購読申込

「こうのとり」切り離し/14日午後、大気圏に突入

2012/09/13 01:06

 国際宇宙ステーション(下)から切り離された無人補給機「こうのとり」3号機。後方は地球(NASAテレビ)
 国際宇宙ステーション(下)から切り離された無人補給機「こうのとり」3号機。後方は地球(NASAテレビ)

 国際宇宙ステーションに物資を運んだ宇宙航空研究開発機構の無人補給機「こうのとり」3号機が12日夜、ステーションから切り離された。14日午後、大気圏に突入する。

 全長10メートル、直径4・4メートルのこうのとりは、ロボットアームでつかまれた状態でステーションから切り離された後、約10メートル下方まで運ばれ、長期滞在中の星出彰彦さん(43)が操作して13日未明に宇宙空間に放出した。

 エンジンを噴射して段階的に高度を下げ、大気圏に突入する。飛行士の排せつ物やごみなど不用品約2・1トンが積み込まれており、大半が燃え尽きる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.