天気予報を見る
 
新聞購読申込

震災がれき、北九州へ/西日本で初の広域処理

2012/09/10 19:17

 北九州市へ搬出するため、専用船に積み込まれる震災がれきのコンテナ=10日午後、仙台港
 北九州市へ搬出するため、専用船に積み込まれる震災がれきのコンテナ=10日午後、仙台港

 宮城県は10日、北九州市に向け、東日本大震災で発生した同県石巻市のがれきの搬出を始めた。北九州市での焼却処分は17日からの予定で、震災がれきの広域処理が西日本で行われるのは初めて。

 仙台港(仙台市)では県の関係者らが見守る中、がれきの入ったコンテナ110個がひとつひとつクレーンでつり上げられ、岸壁に停泊した専用船に積み込まれた。船は午後5時ごろ出港した。

 北九州市でのがれき処理をめぐっては、放射性物質による汚染を懸念する一部市民が、同市や宮城県に対し損害賠償を求めて提訴している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.