天気予報を見る
 
新聞購読申込

保安院、破砕帯の再調査計画了承/もんじゅと美浜原発

2012/09/07 20:57

 経済産業省原子力安全・保安院は7日、専門家会議を開き、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県)と関西電力美浜原発(同)の敷地内断層(破砕帯)を再調査する計画を了承した。

 事業者による調査期間中には、近く発足する原子力規制委員会が専門家とともに現地調査する。

 両原発の敷地から500メートル〜1キロにある活断層「白木―丹生断層」と、敷地内の破砕帯が連動する可能性が指摘されており、保安院が原子力機構と関電に調査を指示していた。

 計画によると、再調査ではコンクリートなどをはぎ取って地下の破砕帯を直接確認し、含まれる物質を分析して活動性を確かめる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.