天気予報を見る
 
新聞購読申込

こうのとり、13日に離脱/14日午後に大気圏突入

2012/09/07 17:22

 国際宇宙ステーション(下)にドッキングした無人補給機「こうのとり」3号機(宇宙機構/NASA提供)
 国際宇宙ステーション(下)にドッキングした無人補給機「こうのとり」3号機(宇宙機構/NASA提供)

 宇宙航空研究開発機構は7日、国際宇宙ステーションに接続している無人補給機「こうのとり」3号機を13日午前0時50分ごろに離脱させると発表した。14日午後2時24分ごろ、大気圏へ突入する。

 ロボットアームで、ステーションの約10メートル下方まで運んだ後、放出する。こうのとりには不用品が積まれており、大気圏に突入した後は大半が燃え尽きる。

 今回は、機体に搭載された装置を使って、燃え尽きるまでの様子を撮影するほか、温度などのデータを取得する予定。データは将来の補給機開発に生かされるという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.