天気予報を見る
 
新聞購読申込

栃木県に最終処分場候補地を提示/環境省

2012/09/03 11:21

 指定廃棄物の最終処分場候補地を福田富一栃木県知事(右)に伝える環境省の横光克彦副大臣=3日午前、栃木県庁
 指定廃棄物の最終処分場候補地を福田富一栃木県知事(右)に伝える環境省の横光克彦副大臣=3日午前、栃木県庁

 環境省の横光克彦副大臣は3日、福田富一栃木県知事と県庁で会談し、東京電力福島第1原発事故に伴い栃木県内で発生した、放射性セシウム濃度が1キログラム当たり8千ベクレル超の汚泥など「指定廃棄物」の最終処分場候補地に、同県矢板市の国有林野を選んだと伝えた。

 知事は「地元の理解が不可欠だ。丁寧な説明をお願いしたい」と強調、横光氏は「理解を深めるよう努める」と応じた。

 候補地は、矢板市塩田大石久保の国有林野。環境省の工程表では今年10月ごろから半年かけて周辺住民を対象に説明会を開催。2013年4月から用地取得などを進め、14年夏ごろから指定廃棄物の搬入を始める。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.