天気予報を見る
 
新聞購読申込

透明性と厳格基準で一致/原子力安全条約会合が閉幕

2012/09/01 00:10

 【ウィーン共同】ウィーンの国際原子力機関(IAEA)本部で開かれていた原子力安全条約の特別会合は31日、東京電力福島第1原発事故の反省を踏まえて、各加盟国が原発をめぐる透明性確保に取り組み、厳格なIAEA基準を安全評価に取り入れることなどを盛り込んだ合意文書を採択して、閉幕した。

 さらに議長総括では「実効性と透明性についての作業グループをつくり、次回会合で、改正も含めた条約強化に向けた計画を提出する」と、条約の実効性を高めていく方向を打ち出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.