天気予報を見る
 
新聞購読申込

CO2の地中閉じ込め求める/米規制案、新設石炭火力に

2012/03/28 10:51

 【ワシントン共同】米環境保護局(EPA)は27日、地球温暖化対策の一環として、新たに建設する発電所から出る二酸化炭素(CO2)の排出量を制限する初の規制案を発表した。発電量当たりの排出量が多い石炭火力発電所に対し、CO2を回収して地中に閉じ込めるCCSと呼ばれる技術の導入を求めるなど、厳しい措置を打ち出したのが特徴。

 CCSは実証試験段階の技術で、電力業界や野党共和党からは「国内発電量の約半分を占める石炭火力の将来に道を閉ざすものだ」などと反発の声が強まっている。議会での審議もあり、規制導入には曲折が予想される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.