天気予報を見る
 
新聞購読申込

愛知、イネ科外来種の拡散防止/全国初の条例化へ

2012/03/26 11:40

 愛知県は26日までに、外来種のイネ科植物「スパルティナ・アルテルニフロラ」の拡散防止のため、条例で禁じる方針を固めた。この植物の法令による規制は全国初。栽培や野外への移植を規制する県条例の対象に、今月中にも加える。

 この植物は北米原産で、干潟や河口域に群生。繁殖力が強く、在来の水辺の植物などが駆逐される恐れがある。愛知県と熊本県で繁殖が確認されている。

 国内では愛知県豊橋市で昨年4月、初めて見つかり、同県田原、半田両市でも確認された。豊橋、田原両市の繁殖地付近には、アサリの稚貝などが生息する貴重な干潟が広がり、鳥の餌場でもある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.