天気予報を見る
 
新聞購読申込

石頭恐竜新種の化石発見/ゴビ砂漠、林原の研究所

2011/08/25 21:45

 パキケファロサウルス科の恐竜の想像図(林原生物化学研究所提供)
 パキケファロサウルス科の恐竜の想像図(林原生物化学研究所提供)

 林原生物化学研究所(岡山市)は25日、モンゴルのゴビ砂漠で02年に採掘した恐竜の化石が「石頭恐竜」と呼ばれるパキケファロサウルス科の新種だと分かったと発表した。米国のニューメキシコ自然史科学博物館の紀要に7月に掲載された。

 研究所によると、化石は頭の骨の一部で02年7月に採掘。特徴から、約9千万年前のパキケファロサウルス科の新種と結論づけ「アムトケファレ・ゴビエンシス」と命名した。既に見つかっている同じ科の標本と比べ、最も古いという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.