天気予報を見る
 
新聞購読申込

北海道・泊2号機が定期検査入り/国内の稼働原発13基に

2011/08/26 00:14

 北海道電力・泊原発の(右から)3号機、2号機、1号機=北海道泊村
 北海道電力・泊原発の(右から)3号機、2号機、1号機=北海道泊村

 北海道電力の泊原発2号機(泊村、57・9万キロワット)は26日未明、定期検査入りのため停止した。今回の定検入りで、全国の商業用原子炉54基のうち、稼働中は泊3号機を含む13基となる。

 検査は12月中旬までの予定。北電は11月中旬には発電を再開させ、最終段階の調整運転に入りたい考えだが、福島第1原発事故後に導入された安全評価の1次評価を実施し、結果を受けて政府が再稼働の可否を判断するため、予定通りに再開できるめどは立っていない。

 期間中に原子炉本体や冷却系統、非常用予備発電装置を調べるほか、燃料の一部を交換する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.