天気予報を見る
 
新聞購読申込

柏崎刈羽7号機が定検入り/稼働原発14基に

2011/08/23 00:51

 新潟県の東京電力柏崎刈羽原子力発電所。手前左から5、6、7号機=2009年5月
 新潟県の東京電力柏崎刈羽原子力発電所。手前左から5、6、7号機=2009年5月

 東京電力は23日未明、柏崎刈羽原発7号機(新潟県柏崎市、刈羽村、135・6万キロワット)の発電系統と送電線を切り離し、定期検査に入った。

 期間は83日間で、再稼働の可否を判断する安全評価の1次評価も行うが、新潟県の泉田裕彦知事は「福島第1原発事故の検証を先にやるべきだ」と、運転再開に慎重な姿勢を示している。

 今回の定検入りで、全国の商業用原子炉54基のうち、稼働中は同原発の5、6号機を含め14基。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.