天気予報を見る
 
新聞購読申込

政府、放射性物質の対策室設置へ/廃棄物対応など一元化

2011/08/19 18:30

 細野豪志原発事故担当相
 細野豪志原発事故担当相

 細野豪志原発事故担当相は19日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故からの復旧に向け、除染や食品汚染、放射性廃棄物の処理などの問題への対応を一元化する「放射性物質汚染対策室」を来週中に設置することを明らかにした。

 9月上旬にも緊急時避難準備区域が解除される見通しで、住民の帰宅に向け除染や廃棄物対策などの重要性が高まっている。政府は、対策室をこれまで扱う省庁が分かれていた問題を統括する「司令塔」と位置付け、福島県などの地元自治体との連携も強化する。

 対策室は細野氏の下で内閣官房に置き、室長に官房副長官補を充てる方向。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.