天気予報を見る
 
新聞購読申込

全国の大学に研究費調査を要請/不正使用問題で文科省

2011/08/19 17:51

 東京工業大の副学長が研究費を不正にプールしていた疑いがある問題で、文部科学省は19日、約1300の国公私立大学や高専、研究機関に対し、同様の不正がないか調査を要請した。報告期限は12月末。

 対象は、2008年度以降に国などから受け取って使用した研究費や運営費について。架空取引で業者に研究費を管理させる「預け金」や、カラ出張など不正請求による「プール金」がないか、担当職員や取引業者に聞き取りなどして調べるよう求めている。

 文科省は研究費の使用方法などを定めた指針を07年に作成。大学などで指針に沿った管理体制が整った08年度以降を調査対象とした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.