天気予報を見る
 
新聞購読申込

ひまわり7号、16日に運用再開/地上施設障害で13日ぶり

2011/08/15 16:53

 気象庁は15日、地上の通信システム障害で衛星画像が配信できなくなった気象衛星「ひまわり7号」について、16日午前11時から13日ぶりに運用を再開すると発表した。障害のあった期間、設計上の運用期限が昨年夏に切れていた予備機の6号が観測に当たっていた。

 障害は3日、観測データを処理する気象衛星通信所(埼玉県鳩山町)のシステムで発生。同日午前中、観測を6号に切り替えるまでの1時間、3回にわたり衛星画像を配信できなくなった。

 データを画像処理装置に送るネットワーク機器の故障が原因と分かり、機器を交換した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.