天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島原発、塩水の濃縮装置を停止/薬液注入ホース外れる

2011/08/13 19:48

 東京電力は13日、福島第1原発の汚染水浄化システムのうち、淡水化の過程で出た塩水を蒸発させ濃縮する装置の薬液注入ホースが外れたため、2台の装置のうち1台を停止させたと発表した。

 東電によると、作業員が巡回中、管の中に水あかが付くのを防ぐ炭酸ナトリウムの薬液約6立方メートルが漏れているのを発見し、装置を止めた。薬液は装置の囲いの中にとどまっているという。

 ホースは塩化ビニール製。装置が置いてあるテント内の気温が高くなり、ホースが軟らかくなって抜けたらしい。他にも7カ所の緩みが見つかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.