天気予報を見る
 
新聞購読申込

ソーラーカーレースで玉川大優勝/秋田県でラリー

2011/08/12 20:36

 秋田県大潟村で10日に始まったソーラーカーと燃料電池車の耐久レース「ワールド・グリーン・チャレンジ・ソーラー&FCカー・ラリー」は12日、玉川大(東京)のソーラーと燃料電池を組み合わせたハイブリッド車「オンディーヌ」が計41周を走行して優勝し、閉幕した。

 2位は38周の大阪工業大(大阪)のソーラーカー「Iris Type―R」、3位は37周の青山学院大(神奈川)のソーラーカー「AGU aglaia」だった。

 大会は1周25キロのコースを3日間計25時間走り、総走行距離を競う。今年は15台が出場した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.