天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島原発冷却装置で微量の水漏れ/4号機の燃料プール

2011/08/12 20:04

 福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの循環冷却装置で12日、ホースから微量の水漏れがあり、東京電力は外部に流出するのを防止する対策を取るなど安定的な冷却へ向けた作業を進めた。循環冷却は継続した。

 東電によると、水漏れは12日未明に福島県の一部で震度5弱を観測した地震の影響を点検中に見つかり、ホースから約5センチ四方に水がにじみ出していた。放射性物質の濃度は低いとしているが、別の3カ所でも微量の水漏れがあり、水を受けるシートを置いてホースも交換する。

 2号機のプールでも、循環させた水をより効果的に冷却するための散水装置が停止していたことが分かった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.