天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島第1、建屋カバー本格工事へ/9月末完成目指す

2011/08/09 20:36

 「建屋カバー」設置のため福島第1原発に陸揚げされる鉄骨部材=7月26日(東京電力提供)
 「建屋カバー」設置のため福島第1原発に陸揚げされる鉄骨部材=7月26日(東京電力提供)

 東京電力は9日、福島第1原発1号機で放射性物質の拡散や雨水の流入を防ぐ「建屋カバー」の本格的な設置工事を、10日に始めると発表した。9月末までに完成させる計画。

 カバーは鉄骨の外枠の周りに気密性の高いポリエステル製のシートを張るテントのような構造。完成すると高さ約54メートル、南北、東西が47〜42メートルになる。約60個の部材は海上から運び入れている。

 10日は高さ約6・9メートル、重さ約30トンの鉄骨材をクレーンでつり上げ、1号機原子炉建屋南東の角に設置する予定。

 東電は1号機での工事完了後、3、4号機についても設置を検討する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.