天気予報を見る
 
新聞購読申込

国内最大級の太陽光発電所を公開/川崎臨海部、再生エネ密集

2011/08/05 18:13

 建設が進む東京電力の扇島太陽光発電所=5日午前、川崎市川崎区で共同通信社ヘリから
 建設が進む東京電力の扇島太陽光発電所=5日午前、川崎市川崎区で共同通信社ヘリから

 全国最大級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)や、建設廃材や山林間伐材などの生物資源利用バイオマス発電所など、川崎市臨海部で整備が進む再生可能エネルギー施設が5日、報道陣に公開された。

 風力も含め、再生可能エネルギー施設が密集。福島第1原発事故後に注目が集まり、国内外から視察が相次いでいる。

 8月中旬に運用を開始する東京電力の浮島太陽光発電所は、サッカーグラウンド14面分の敷地に太陽光パネル約3万8千枚が並ぶ。12月には近くに扇島太陽光発電所も稼働。2施設の出力計約2万キロワットはメガソーラーとして国内最大規模となる。

 

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.