天気予報を見る
 
新聞購読申込

親子のような彗星を撮影/石垣天文台、同一軌道巡る

2011/08/03 12:23

 親子のように同一軌道を回る二つの彗星。左上の「ファン・ネス彗星」から分裂したとみられる彗星が矢印の先に確認できる=7月30日午前2時29分、沖縄県石垣市(石垣島天文台提供)
 親子のように同一軌道を回る二つの彗星。左上の「ファン・ネス彗星」から分裂したとみられる彗星が矢印の先に確認できる=7月30日午前2時29分、沖縄県石垣市(石垣島天文台提供)

 石垣島天文台(沖縄県石垣市)は3日までに、地球から約1億9500万キロの距離にある「ファン・ネス彗星」から分裂したとみられる彗星を発見し、親子のように同一軌道を回る様子の撮影に成功した。

 撮影は7月30日。ファン・ネス彗星からのびる光の帯の中に、子どものように追尾する光がうっすらと確認できる。同天文台によると、親彗星からはがれた破片のようなものと考えられるという。宮地竹史副所長は「分裂してできた彗星が、親子のように同じ軌道を回るのは珍しい」と話している。

 同天文台は既にこの発見を国際天文学連合に報告し、新たな彗星として認められるか判断を待っている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.