天気予報を見る
 
新聞購読申込

羽毛恐竜の化石を発掘/兵庫県篠山市

2011/07/15 17:41

 兵庫県篠山市で発掘された「デイノニコサウルス類」の化石=兵庫県三田市の県立人と自然の博物館
 兵庫県篠山市で発掘された「デイノニコサウルス類」の化石=兵庫県三田市の県立人と自然の博物館

 デイノニコサウルス類の想像模型(徳川広和さん作)
 デイノニコサウルス類の想像模型(徳川広和さん作)

 兵庫県篠山市の白亜紀前期(約1億1千万年前)の地層から、鳥類に近い系統で、体表に羽毛がある恐竜「デイノニコサウルス類」の左腕と左膝の化石を発掘したと、県立人と自然の博物館(同県三田市)が15日発表した。

 博物館によると、肘や指、膝の関節がつながったままの状態で、関節の可動範囲から当時の生態を推定する手掛かりになりそうだ。同類の化石が見つかったのは福井県勝山市に続き国内2例目で、恐竜から鳥への進化過程を探る資料にもなると期待されている。

 デイノニコサウルス類の体長は1メートルを超え、空を飛ばず地面を素早く歩いていたとみられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.