天気予報を見る
 
新聞購読申込

宇宙基地滞在へ訓練を公開/わくわくする、と古川さん

2011/02/24 19:41

 電子聴診器を使って取ったデータを確かめる古川聡さん=24日午後、茨城県つくば市の宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター
 電子聴診器を使って取ったデータを確かめる古川聡さん=24日午後、茨城県つくば市の宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター

 ことし6月に国際宇宙ステーションでの長期滞在を始める予定の宇宙飛行士の古川聡さんが24日、宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センターでの訓練の様子を公開し「12年の訓練は長かったが、身に付けたものを発揮する機会が近づき、わくわくしている」と心境を語った。

 この日の訓練は、宇宙と地球を結んで飛行士の健康を管理するための支援システムの操作。古川さんは電子聴診器を自分の胸に当て、地上側のコンピューターに拍動のデータが表示されるかどうかを宇宙機構の研究員らとともに確かめた。聴診器を使って会話もできる仕組みで、「糸電話のようによく聞こえます」と話していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.