天気予報を見る
 
新聞購読申込

模擬宇宙船が「火星に着陸」/隔離、8カ月半ぶり

2011/02/15 09:49

 14日、ロシア・モスクワ郊外の施設で行われた火星着陸実験の映像(AP=共同)
 14日、ロシア・モスクワ郊外の施設で行われた火星着陸実験の映像(AP=共同)

 【モスクワ共同】将来の有人火星飛行を想定し、模擬宇宙船にロシア、欧州、中国の男性計6人を隔離して精神的・肉体的負荷を調査しているロシア科学アカデミー生物医学問題研究所は14日、宇宙船が「火星に着陸」し、約8カ月半ぶりに2人が船外に出て火星を模した地面を歩いたと発表、その模様を公表した。ロシアのメディアなどが伝えた。

 火星着陸は昨年6月3日に始まった520日にわたる実験の折り返し地点。火星に見立てた砂の上に、重さ約30キロの宇宙服を着て降り立ったロシアとイタリアの男性2人は、記念に中ロ両国の国旗と欧州宇宙機関(ESA)の旗を立てた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.