天気予報を見る
 
新聞購読申込

繁殖へアホウドリを移送/伊豆から小笠原、4度目

2011/02/08 19:36

 伊豆諸島・鳥島から小笠原諸島・聟島に移送されたアホウドリのひな=8日午後(山階鳥類研究所提供)
 伊豆諸島・鳥島から小笠原諸島・聟島に移送されたアホウドリのひな=8日午後(山階鳥類研究所提供)

 伊豆諸島・鳥島に生息する国の特別天然記念物アホウドリを噴火による絶滅の危険から防ぎ、新たな繁殖地を作るため、山階鳥類研究所(千葉県)は8日、ひな15羽を約350キロ離れた小笠原諸島・聟島にヘリコプターで移送した。移送は4年連続。

 鳥島はアホウドリの最大の繁殖地で、環境省によると、約2600羽が生息しているとされる。活火山のため噴火の恐れがあり、研究所が2008年から5年計画でひなの移送を進めている。研究所の職員らが聟島に滞在し飼育。ひなは5月下旬ごろ巣立つ。これまで計40羽が飛び立った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.