天気予報を見る
 
新聞購読申込

雌シャチ「ナミ」大量の石誤飲/名古屋の水族館、死後判明

2011/02/01 18:42

 2010年6月、プールで豪快なジャンプを披露するシャチの「ナミ」=名古屋市港区の名古屋港水族館(同水族館提供)
 2010年6月、プールで豪快なジャンプを披露するシャチの「ナミ」=名古屋市港区の名古屋港水族館(同水族館提供)

 名古屋港水族館(名古屋市港区)は1日、1月に死んだ雌のシャチ「ナミ」について、大量の石を誤飲して胃潰瘍や脾臓の出血を起こし、状態が悪化したなどと発表した。

 祖一誠館長によると、岐阜大の研究チームと水族館の解剖検査で、ナミの胃から大小さまざまな石491個、計約80キロが見つかった。心臓にも大きな負担がかかっていたとみられる。

 ナミは昨年6月から同水族館で飼育されていたが、水槽で石をのみ込んだ様子は目撃されていなかったとしている。同水族館は今後、専門家による調査委員会を設置、さらに詳しい死因を調べる方針。

 ナミは推定28歳。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.