天気予報を見る
 
新聞購読申込

カボチャの種、NASAで発見/宇宙に運ばれず

2010/06/17 12:53

 千葉県松戸市は17日、同市出身の宇宙飛行士山崎直子さんが搭乗したスペースシャトル「ディスカバリー」に載せるため米航空宇宙局(NASA)に託したカボチャの種2種類のうち行方不明になっていた1種類は、米テキサス州のNASAジョンソン宇宙センターに残されていたと発表した。この種は宇宙に運ばれなかったという。

 市の問い合わせに対し、NASAから宇宙航空研究開発機構を通じ16日に連絡があった。

 残されたのは、松戸市内で開発された「松戸白」にカンボジアのカボチャを掛け合わせた「国際交流カボチャ」の種。

 市によると、松戸白の種とともに送った後、NASAから宇宙機構を通じて「宇宙に持っていけるのは一つという規定があり(種を)合算した」という趣旨の連絡を受けた。

 市の担当者は2種類とも宇宙に運ばれたと理解していたが、NASAから市に届いた箱には松戸白しか入っていなかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.