国民民主党、幹事長に平野氏/国対が原口氏、政調は泉氏

2018/09/11 15:25

 

 国民民主党の幹事長に就く平野博文氏(左)と握手する玉木代表=11日午後、東京・永田町の党本部

 国民民主党の幹事長に就く平野博文氏(左)と握手する玉木代表=11日午後、東京・永田町の党本部

 国民民主党は11日の両院議員総会で、幹事長に平野博文氏、国対委員長に原口一博氏を起用する役員人事を決定した。政調会長には泉健太氏、総務会長には小林正夫氏をそれぞれ充てる。幹事長を務めてきた古川元久氏は、大塚耕平氏と共に代表代行に登用された。幹事長代行は増子輝彦氏を再任。来年の統一地方選、参院選を見据え、選対委員長には玉木雄一郎代表の側近、岸本周平氏が就いた。

 両院総会で玉木氏は「年内に一定の支持率向上の成果を見せねばならない。苦難を乗り切り統一選、参院選の勝利につなげたい」と述べ、低迷する党勢の打開に向け、挙党態勢構築の必要性を改めて訴えた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459