日韓で北朝鮮の非核化へ連携/慰安婦問題には適切に対応

2018/09/11 12:47

 

 韓国の李洛淵首相(左)と握手する安倍首相=11日、ロシア・ウラジオストク(代表撮影・共同)

 韓国の李洛淵首相(左)と握手する安倍首相=11日、ロシア・ウラジオストク(代表撮影・共同)

 【ウラジオストク共同】安倍晋三首相は11日午前、韓国の李洛淵首相とロシア極東ウラジオストクで会談し、北朝鮮の非核化実現に向け、日韓や日米韓3カ国で緊密に連携していくと確認した。慰安婦問題を巡り「両国間の困難な問題に適切に対応していく」との方針で一致。李氏は「困難な課題を日本側と協力して賢明に解決していきたい」と語った。

 安倍首相は慰安婦問題の最終的で不可逆的な解決を確認した2015年末の日韓合意の着実な実施が重要との立場を伝達。両氏は未来志向の関係を目指すとした1998年10月の日韓共同宣言から20周年を迎えるのを踏まえ、関係改善を進めると申し合わせた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459