国民代表、自民杉田議員を非難/LGBT巡る寄稿は「言語道断」

2018/07/25 18:07

 

 LGBTの差別解消に向けた活動をする市民団体と面会する国民民主党の大塚共同代表=25日午後、東京・永田町の党本部

 LGBTの差別解消に向けた活動をする市民団体と面会する国民民主党の大塚共同代表=25日午後、東京・永田町の党本部

 国民民主党の大塚耕平共同代表は25日、性的少数者(LGBT)への行政支援に対する疑問を月刊誌に寄稿した自民党の杉田水脈衆院議員について「多様性のある社会を目指すという観点から言語道断だ」と非難した。差別解消に向けた法整備を求める市民団体「LGBT法連合会」と党本部で面会後、記者団に語った。

 子どもをつくらないLGBTを「生産性がない」などと指摘した杉田氏を巡っては、野党の一部から議員辞職を求める声も出ている。大塚氏は「多様性に極めて否定的な政権であることが象徴されている。自民党議員の問題だから安倍晋三首相もよく考えるべきだ」と述べた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459