細田派、首相3選へ結束/「改憲の約束果たす」と首相

2018/05/22 20:55

 

 安倍晋三首相の出身派閥で自民党最大勢力の細田派(清和政策研究会、94人)は22日夜、東京都内のホテルで政治資金パーティーを開いた。会長の細田博之元官房長官は、9月の党総裁選での首相の連続3選に向けた結束を訴えた。首相も駆け付け、憲法9条に自衛隊を明記する改憲案について「必ず約束を果たしたい」と表明した。

 あいさつで細田氏は「われわれは安倍首相に引き続き首相をやってほしいとの願いでいっぱいだ」と明言。首相は総裁選対応に言及しなかったものの「一つ一つ政策を前に進め、結果を出すことで責任を果たしたい」と政権運営に意欲を示した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459