投資協定締結で実質合意/日アルゼンチン首脳

2017/05/19 21:10

 

 夕食会であいさつする安倍首相。左はアルゼンチンのマクリ大統領=19日午後、首相公邸(代表撮影)

 夕食会であいさつする安倍首相。左はアルゼンチンのマクリ大統領=19日午後、首相公邸(代表撮影)

 安倍晋三首相は19日、アルゼンチンのマクリ大統領と官邸で会談した。会談後に発表した報道向け共同声明で、企業による投資や資産を保護し、海外進出を促す投資協定締結に実質合意したことを明らかにした。台頭する保護主義への懸念や、自由貿易体制の推進の重要性も打ち出した。

 核・ミサイル開発を強行する北朝鮮を非難し、挑発行動の自制と国連安全保障理事会決議の順守を強く求めた。

 会談後の共同記者発表で首相は「経済関係で有意義な成果があった」と強調。同時に「自由開放的な改革を推進している」とマクリ氏を評価した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459