首相、ケネディ駐日大使を慰労/在任3年余り、別れ惜しむ

2017/01/11 22:07

 

 会食を終え、安倍首相(右)と昭恵夫人(中央)に見送られるケネディ駐日米大使=11日夜、東京・銀座

 会食を終え、安倍首相(右)と昭恵夫人(中央)に見送られるケネディ駐日米大使=11日夜、東京・銀座

 安倍晋三首相は11日夜、キャロライン・ケネディ駐日米大使と東京・銀座の日本料理店で会食し、大使在任中の3年余りを慰労した。ケネディ氏は20日のトランプ新政権発足を前に離任する。昭恵夫人も同席した。会食後、ケネディ氏と首相は握手し、昭恵夫人は抱き合って別れを惜しんだ。

 オバマ大統領に指名されたケネディ氏は2013年11月に着任。ケネディ元大統領の長女で、日本でも知名度を誇った。オバマ氏の信任が厚く、東日本大震災被災地を訪れるなど日米友好の進展に尽力。前任のルース氏に続いて被爆地・広島、長崎の平和式典に出席し、昨年のオバマ氏の広島訪問につながった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459